院長プロフィール

0804_072[1]

氏名 静野 一夫(しずの かずお)
    地元 滋賀県近江八幡市に生まれる

1961年11月生まれ(丑年のさそり座)

【血液型】 B型

【経歴】

  • 1984年大阪体育大学 体育学部体育学科卒業 
  • 卒業後、働きながら学ぶ勤労学生を対象とした企業内高校にて保健体育教師・生徒指導として7年間教鞭を執り後、治療家を目指し29歳の時に退職 
  • 地元のカイロプラクティックの専門学校に通い免許を取得後、整体院に勤務
  • 東洋カイロプラクティックセンター愛知川 院長(この時は雇われ院長)
  • 日本カイロプラクティックアカデミー(NCA)基礎課程終了
  • 東洋オステオパシー学園 基礎科修了
  • 東洋オステオパシー学園 研究科修了
  • 社団法人 バイオパシー協会 バイオパシー理論専属講師
  • 1999年9月『しずの せいたい院』を自宅にて開院
  • 2006年9月開業7年目を機に屋号を『グッド バランス』に改名
  • 2013年 長年構築してきた知識と経験から整体技術《S-バランス整体》を体系化
  • 2015年 日本DRT協会 アドバンス認定インストラクター取得

【資格】

  • 日本カイロプラクティックアカデミー認定カイロプラクター
  • 日本DRT協会 アドバンス認定インストラクター
  • 東洋オステオパシー協会認定オステオパシックセラピスト
  • 中学校教諭1級 保健体育教員免許
  • 高等学校教諭2級 保健体育教員免許
  • 衛生管理者

【中学校】 

  • ミュンヘンオリンピックでの男子バレーの金メダルに感動してバレーボール部に入部
  • 弱小チームだったのが鬼コーチのお陰で、県大会出場常連校になる。
  • 同級生の中では一番下手くそだったのが鬼コーチの猛練習により突然開眼しエースアタッカーとして活躍。
  • ※ここで、自分の可能性と努力すれば成長&成功できる成功体験を得る。

【高校】

  • 滋賀県立八幡高等学校
  • 陸上部競技部(短距離)に入部するが、1年目は中途半端な半幽霊部員状態。
  • 2年の春に恩師と出会い、陸上の面白さに目覚める。
    • 以後、部活一色の高校生活になる。

【大学】

  • 大阪体育大学体育学部体育学科(恩師に憧れ体育教師目指す)
  • 陸上競技部(短距離…1回生の冬に腰と股関節故障し競技生活を断念)
  • 人生最大の挫折を経験する。

【好きな食べ物】

  • 珈琲(香ばしい香りが大好き)
    • スタバのラテは週に1~2回飲みます。←乳製品の問題に気づき卒業しました
  • 洋菓子(甘すぎる粗悪品はNG)
    • クラブハリエのバームクーヘンは大好物!

【苦手な食べ物】

  • レバー

【アルコール】

  • 夏場のみビール

【長所】

  • 飽く無き向上心

【短所】

  • 納得できないと動けない頑固さ

【尊敬する人】

  • イチロー
  • 野村克也元監督

【好きなプロ野球球団】

  • ヤクルトスワローズ

【趣味】

  • 読書(年間100冊程度…活字中毒です)
    • 琵琶湖岸に愛車を停めてコーヒーを飲みながらの読書が至福の時
  • ウォーキング
  • トレッキング(気が向くと近くの小山や琵琶湖周辺を黙々と歩いています)

画像の説明

【持病】(過去の持病も含む)

  • 慢性腰痛…赤ちゃんだった頃、2階より落下して腰椎2番3番が変形・癒着しています。
  • 肩こり、首こり、首痛、背中痛
  • 関節痛…股、膝、肩、肘、手首
  • アレルギー(軽度の)…アトピー性皮膚炎、花粉症、慢性鼻炎
  • 不定愁訴(頭痛、不整脈、眼精疲労、睡眠障害…など)
    • 子供の頃から様々な不定愁訴に悩まされてきましたが、そのお陰で体の仕組みや良くするコツを研究するようになり、現在では上記の持病はかなり克服or コントロール出来るようになりました。
    • 今も現在進行形で持病の克服とコントロールが出来るように、自分のカラダを教材に研究中。その成果を整体に活かさせてもらっています。

【座右の銘】

  • 100%自己責任…もとはこちら、結局は せんじつめたら みな自分
  • 偉人は基礎を飽きない
  • いまここ
  • 成功の秘訣は、ほとんどの人の出来ない特別のことをするのでなく、誰でも出来る事を、誰でも出来ないレベルまで行うこと。
  • 明珠在掌(めいじゅたなごころにあり)
          ↓  ↓
    • 禅語です。明珠とは価値があるもの、宝という意味で、それは既に、自分の手のひら(掌)に在る。
    • つまり、本当に大切なものは、遠くにあるのでなく、既に、自分の手の中にある。という意味です。
    • たなごころ(掌)とは自分の手のひらのことなのです。
    • 「治療も電気や機械に頼らなくても、自分の手で人を治癒に導くことが出来る」と私は解釈しました。
    • 私自身この言葉に出会ってから、機械に頼らず、自らの手で施術を行う覚悟が出来ました。

【好きな映画】

  • バックツーザフューチャー
  • ショーシャンクの空に

【日課】

  • 毎朝、早起きしてブラックコーヒーとチョコレート食べながら読書。
  • 筋トレ(持病の腰痛対策とアンチエイジング)
  • 逆立ち(現在1分45秒1分50秒 2分できます)
  • 自己療法(腰痛対策&バランス調整)
  • 自宅裏の田んぼ道を毎朝ウォーキング

【家族】

  • 妻と長女と大学生の長男との4人家族

【目標】

  • 内面も外見もカッコいい50代!
    • 日々、筋トレ・ウォーキング・姿勢改善ストレッチ・読書に勤しむ毎日です。
  • 真に自立し、自由自在に生きる!

    【初めてご来院の方へ】
    予約時に「ホームページを見ました」とお伝えください。

    初回6,000円⇒5,000円

    とさせていただきます。

    ご予約電話番号

     TEL (0748)34ー7604

    ↑ ↑
    スマートフォンならクリックすると
    自動で電話できます。


幼少期~青年期

  • 1961年生まれ 
  • 滋賀県近江八幡市で平凡なサラリーマン家庭の長男として生まれる。
  • 私は子供の頃から人の生命や心のあり方、健康、幸福、成長といったテーマに異常に関心がありました。そういったテーマの本は読みまくっていました。

子供の頃から身体の不調に悩む

  • 私の身体は、乳児の頃に2階から落ちたせいで腰椎の一部が変形しております。
  • その為にバランスが悪く、様々な不調や不定愁訴に悩まされていました。小学生で既に頭痛と腰痛と肩こりが持病でした。胃腸が弱く、線が細く太れないのが悩みでした。幸い、大きな病気はしませんでしたので半健康半病人で過ごしていました。
  • 学生時代には、スポーツに親しみましたが、それは故障との戦いでもありました。
  • 今でも腰痛は持病として付き合っています。

健康オタクな青年期

  • なんとか、自分が日常生活を健康に過ごしたいと思いから様々な治療法や健康法、栄養学やサプリメント、さらには心の問題や成功哲学などを探求してきました。
  • そんなマニアックな趣味が今となっては、大きな財産となっています。人生に無駄なものは何もないようです。
  • いろんな経験や研究の結果、断言できる事は誰でも無限の可能性を持っている。「今よりも健康・幸福になることは可能」ということです。そして、そこに至るまでには『大切なコツ』があります。
  • 私自身が、これらの『大切なコツ』に気づき行動していくことにより成長と健康と幸福を得ることが出来ました。
  • そんな『大切なコツ』を縁ある周りの人々に「伝えたい」「伝えなければいけない!」と感じて日々、生かせて頂いております。

修業期

  • 1984年(昭和54年)3月大阪体育大学 卒業後、働きながら学ぶ勤労学生を対象とした通信制高校にて保健体育教師・生徒指導として7年間教鞭を執りました。

未熟な私を変えてくれた貴重な7年間

  • 大学卒業後、すぐに責任ある立場に置かれ、最初は何にもまともに業務をこなせず、かなり悩まされました。
  • 「ここで逃げたら一生逃げの人生になってしまう!」と思い歯を食いしばって自己を見つめなおしました。様々なジャンルの本を読みまくり実践し、大切な法則やコツを習得。
  • 今から思えば《自立の出来ていないアホ》で『肝がくくれていなかった』だけのことですが…(^_^;)
    画像の説明
        ↑ ↑
    教師時代のスナップ(実り多き楽しかった貴重な7年間でした)
  • 多くの温かい人々に支えられて、3年間で仕事がこなせる大人に成長。⇒この時代の経験が今となっては大きな財産になっております。

施術家人生

  • 29歳:療術の世界に入りました。
  • 以後、《プロとして恥ずかしくない技術と人間力を持った療術家》を目指し精進して来ました。
    カイロプラクティック療法
    ・オステオパシー療法
    ・エネルギー療法
    ・リセット療法
    ・AKA療法
    ・DRT療法
  •  等、様々な整体技術を習得しました。
  • ◆この世界に入り20年以上が経過しました。
  • 最近になりやっと自分で納得の出来る仕事が出来るようになってきました。「我ながらよくやったな~」という面と「まだまだだな~」と思う面と半々です。多分、私の《あすなろ物語》は一生続くのだと思います。^^♪



グッド バランス物語 (私が整体師になった理由)

子供の頃

  • 私は子供の頃から、胃腸が弱く、偏頭痛・肩こり・腰痛から、他にもいろんな不定愁訴を小学生から感じていました。
  • そのせいか子供のくせに哲学的で生死や心や身体の問題に関心があり、「心って何?」「この不安は何なんだ?」「健康って何だろう?」「幸せって何?」「自分は何しに生れてきたのか?」「自分は何がしたいのか?」などと、考えている変わった子供でした。

突然の足の故障

  • 高校から陸上競技(短距離)を始め、100mを全力で風を切って走る快感に夢中になっていました。
  • 〈陸上競技をもっと本格的にやりたい〉〈高校時代にお世話になった部活の顧問の先生にあこがれ、教師という職業に就きたい〉という動機から、大学に進学し、夢一杯で陸上競技部に入部して結構、真剣に練習に打ち込んでいました。
  • そんなある日、練習中に足を踏ん張った時に、「ピキッ」と足の付け根に痛みを感じました。すぐ治ると思っていましたが痛みは消えませんでした…。
  • 何軒か病院(整形外科から大学病院まで)に行きましたが原因は分かりませんでした。そこから治してくれる場所を求めて、いろんな病院や治療院をさ迷う日々が始まりました。
  • 鍼灸、接骨院、マッサージ、電気治療と様々な治療を受けましたが、全く痛みは治らず、「もう全力で風をきって走ることはできないのか」と感じていました。
  • 友人が思いっきりトラックを走る姿を眺めながら、いつ治るかの目処のない状態で、黙々とリハビリを続けていた時の虚しさを今でも忘れることは出来ません。
  • (正直、あの頃は凹みました(-_-;)…今でも時々あの頃の夢を見て、うなされています)

画像の説明

 高校時代の写真です(残念ながら大学時代は故障のために走っている写真はありません)

挫折と療術との出会い

  • 大学3年も終り頃、「もう、どうでもいいや」とあきらめていたある日、奇跡が起こりました。
  • 先生に身体を診てもらうと、「骨盤が凄く歪んでいる。こりゃ痛いはずだよ。」と言われて、骨盤と背骨を矯正してもらいました。
  • それまでは、“身体の歪みが痛みの原因”という発想がなかったのでカルチャーショックでした。(今でこそ、身体の歪みが原因という考えが普及していますが、当時見てもらった施術院でその事を教えてくれる所はありませんでした)
  • 治療を受けて1,2回目は変化がありませんでした。しかし、3回目の整体を受けてから練習で軽く走ってみると、今まであった痛みがないのです。
  • 「エッ。うそー。」今度は全力で走ってみました。やはり痛くないのです。なんと2年間消えることのなかった足の痛みが数回の治療で治ってしまったのです。これがカイロプラクティックとの運命の出会いでした。
  • その後、大学を卒業し、念願の教師という職業に就くことができ、いろんな人との出会いと別れを経験しながら充実した20代を過ごしました。
  • そんな中で、30歳を前に、自分の人生を振り返り、今後の人生の進路を見つめ直した時、身体の故障で自分の夢を果たせなかった悔しさと、暗闇から救ってもらった時の感動を思い出しました。その時に自分が生涯を掛けるライフワークとして整体師という道を選んだのです。

人生はすべてベスト

  • 〈学生時代、志なかばで挫折したこと〉は、ぼくにとっては青春時代の苦い思い出です。しかし、今だから言えるのですが、学生時代に身体の故障を経験できて良かったと思います。
  • そのお陰で、自分が一生かけて取り組めるライフワークに巡りあうことが出来痛み無く普通に動ける有り難さや、他人の痛み、苦しみを理解できる感性を身につけることが出来たのですから。

進化する整体院へ

  • 整体師としていろんな勉強と経験を積んだ後、1999年(平成11年)の9月に、子供の頃から慣れ親しんだ、この地に開業しました。
  • お陰さまで、開業から多くの方にご利用頂き、2006年には開業7周年を迎え、更なる進化を誓い、屋号を『しずの せいたい院』から『グッド バランス』に改名しました。
  • ここに至るまで、プロの療術家として身体の痛みや不調で苦しんでいる患者さんを早く治して、縁ある人々が本当にやりたいことを思う存分やることをサポートするのが自分の使命だと思い整体技術を磨いてきました。
  • 整体師として徐々に進化して、ある程度の結果を出せるようにはなりましたが、すべての患者さんを治せる訳ではなく、カイロプラクティックをはじめ今まで学んできた手技療法の限界を感じていました。
  • 結果が出せない時には、落ち込んだり、誤魔化したりといろんな葛藤がありました。そんな流れの中で出会い構築してきたのが【S-バランス整体】だったのです。
      ↓ ↓
    ※これから先のストーリーは「どんな整体?」を御覧ください。

成長し続ける50代のオッサン

  • 私は現在、50歳代です。自分の人生を振り返ると、年齢を重ねるにつれて治療家として人間として牛歩の歩みではありますが、着実に成長&進化し続けております。(元々が「未熟で荒削りでの超凡人だっただけ」とも言えますが…^^;)
  • 我ながら「自己成長中毒」「自己成長依存症」です。(笑)
  • こんな人生を歩めるのは幸福なことだと実感しております。
  • ここまで至るプロセスで得た知識や智慧やコツを、伝える時期に来ていると感じ、昨年から寺小屋形式の『S-バランス塾』を開講し、後輩に指導も始めました。
  • まだまだ私は発展途上人間です。さらに精進してまいりますので引き続きよろしくお願いします。m(__)m

地域ダントツ一番の治療院という自負と過信のもと…

  • 現在は皆様のお陰で『グッド バランス』も地域ダントツ一番の治療院という自負と過信のもと、たくさんの方々に支えられ成り立っています。
  • 『グッド バランス』はこれからも、あなたの『グッド バランス』であります。来て頂いている皆様への責任として、これからも『グッド バランス』は発展・進化し続けると共に気楽に来院できるフレンドリーな整体院を目指します。どうぞ末永くよろしくお願いします。

追伸

  • S-バランス整体】は現在進行形で進化しております。昨年から立て続けに素晴らしい出会いがあり、お陰でクオリティが格段にアップしました。我ながら《必要な技術や情報や人を引きつける引き寄せ力》は凄いと自画自賛しております。ここで満足することなく、さらに進化し続けますのでよろしくお願いします。

2016年11月16日   静野 一夫

55歳の誕生日の直前に…

電話 0748-34-7604

↑ ↑

スマートフォンならクリックすると自動で電話できます。

完全電話予約制

営業時間 AM9:00~12:00 PM2:00~8:00

休業日 木・日

駐車場完備(4台可)

a:6048 t:2 y:7