施術の流れ

Step1 予診票へ記入

画像の説明

初めての方は予診票に分かる範囲で記入して頂きます。

Step2 カウンセリング

画像の説明
現在の症状について、「どのような症状」「いつからなのか」「きっかけは?」「どうすると痛いのか」「過去の症状や病歴」などを聞き取ります。
問診しながらどこが原因で症状が出ているのか探っていきます。    
気になる事やご要望等がありましたら、どのような事でもお気軽にご相談ください。

Step3 検査

画像の説明
カウンセリングで得た情報を元に、立位、座位、動作時にて身体の歪みや筋肉の張り、痛み具合などを確認します。
必要に応じて、《整形外科検査》や《脳神経反射テスト》なども行い、原因の特定と施術の方針を組み立てます。
    

Step4 施術

画像の説明
画像の説明
状態に応じて、【施術用ベッド】または【ワイドベッド】にて施術
痛みの出ない楽な体勢で、痛みの原因になる筋肉のはりや
骨盤、脊柱、頭蓋骨、腹部(内蔵)、横隔膜、股関節、膝関節、足関節、脊柱、肩関節、肘関節、手関節、肋骨などの緊張や歪みを取り除いていきます。
どのような体勢でも受けられますので、痛い・つらいと感じる体勢がありましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。
ワイドベッド上では、運動療法やエクササイズを行う場合もあります。

Step5 検査

施術後にもう一度、痛みや体の動きのチェックします。

施術後の「痛みの変化」を確認します

施術中や施術後に『「今の痛みはどうですか?」と確認をしてくれるか?』
というのは施術者の技量を図る目安になります。
先生側からから言えば、
技術に自信がなければ、怖くて痛みの確認は出来ません。
当院では、必ず施術前と施術後の痛みや可動域の変化の確認を行います。
これは、施術する側の義務であると考えております。

Step6 アドバイス

画像の説明
原因を説明し、日常生活の注意点などをお教えします。
必要に応じて、早く改善するためのストレッチ体操(GBストレッチ)を指導します。
ストレッチをしっかり行う事により、回復のスピードがアップします。

a:4214 t:1 y:2