腰椎椎間板ヘルニア 34歳 男性 レントゲン技師

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニア症例

久しぶりの症例報告です。
今回は左の腰椎椎間板ヘルニアです。

34歳 男性 レントゲン技師
・昨年10月、慢性疲労と睡眠不足が原因で突然発症
・左脚の痛みとシビレと麻痺。
・病院では重症なので手術を勧められるが、本人の手術しても治らない場合が多いというレントゲン技師としての経験から、手術を拒否。
・同時期に見たチラシがきっかけで来院。

《コメント》
かなりの重症で、当初は夜間に襲ってくる痛みとシビレで睡眠不足になったりしましたが、「なんとか治したい」というご本人の強い意志で、素直に指示通りに通院し、養生されました。2ヶ月で普通に歩行できるまで改善しました。
まだ、左足の親指の筋力低下がありますが、これも週単位で回復しており、完治までもう少しです。

以前、私が行っていた技術では正直これほどの重傷者は、お断りしておりました。
でも、今は自信をもって施術できます。

※感想は個人のご意見です。施術効果には個人差があります。

**************************************

a:193 t:2 y:1

コメント


認証コード3683

コメントは管理者の承認後に表示されます。